カードローンの審査は、何に注意すれば良いのか?

カードローンの審査内容とは?

カードローンを組もうとした時、どこに申し込みの手続きをしても審査というものがあります。今まで一度もカードローンやキャッシングを利用したことがなく、毎月一定の収入があるなら、この審査に落ちることは、ほとんどありません。

ですが現在、または過去に利用したことがある人の中には、審査に落ちてしまう人も出てきます。申し込みをしても審査が通らなければ、お金を借りることはできません。

では、その審査というのはどのようなものなのでしょうか?

基本となるのは3つの項目

申し込み手続きをすると、

  • 年齢
  • 収入
  • 他所からの借入額

の情報が必要になります。この他にも必要になる情報はいくつかありますが、基本的に安定した収入がなければ申し込みをしても却下されることがほとんど。逆を言えば、もし安定した収入が無いにも関わらずカードローンを組むことができるような会社は注意が必要です。

よく「カードローンで審査が緩いところはどこか?」といった質問を見かけますが、審査が緩いということはそれだけ金利が高いということであり、返済に困る可能性が高まるのです。いわゆる闇金ですね。

全てにおいてそう言えるわけではないのですが、審査が緩いを基準に申し込みをするのは良くありません。

嘘をついてもすぐにバレる

どうしてもお金が必要になり、絶対にカードローンを組みたいと思ったとき、中には嘘をついてしまう人も出てきます。収入を多めに言ってみたり、他に借入があるのにそれを申告しなかったり。

もしかしたら「ちゃんと申告をしなくてもバレないだろう」と思うのかもしれませんが、審査の時に信用情報機関などで照会するので、嘘をついてもすぐにバレてしまいます。すると信用に値しないと判断されてしまうので、それが理由で審査に通らないことになります。

うっかり間違えてしまうということもありますが、相手にとって「嘘」なのか「うっかりミス」なのかは分かりません。嘘の申告があると「この人にお金を貸して返済してもらえないかもしれない」ということになってしまうのです。

もし自分が友人にお金を貸すとしたら、普段からよく嘘をつく相手よりも、嘘をつかない人に貸した方が安心できますよね。それと一緒です。特に借入を低く見積もっても良いことは1つもありません。今現在、他所からお金を借りているという人は正直に申告するようにしましょう。
金欠

仮審査と本審査について

カードローンの審査には、仮審査と本審査の2つの審査があります。仮審査で落ちてしまった場合は本審査を受けることができませんので、もしオンラインで申し込みをして仮審査に落ちたなら、違うところを探すかカードローンの申し込みをするのは諦めましょう。

仮審査が通ると本審査になるわけですが、仮審査に通ったからといって安心をしては行けません。仮審査というのは名前の通り「仮り」になりますので、本審査で落ちてしまうこともあります。

それぞれのカードローン会社によって違うでしょうが、仮審査はコンピューターで、本審査は人の手でしっかりと確認をしていきます。信用情報と照らし合わせるのはもちろんですが、正直に申告をするのがベストです。

「他社でも借りているからカードローンは無理かもしれない」と思って、嘘をついてしまうこともあるでしょう。ですが、仮審査や本審査でその嘘はバレてしまいますので、初めから正直に伝えておいた方が良いのです。そして仮審査にも通り、本審査も通ればいよいよカードローンを利用してお金を借りることができます。

更新情報